介護施設の外国人について

テレビで、最近老人介護施設の介護士に外国人が増えているというのを見ました。
中国、インドネシア、タイなど様々な国の人が留学だったり、仕事で来ているそうです。国際社会って感じですよね。
祖母に聞いたところ、祖母の通っているデイサービスにもブラジル人の留学生が来ているそうです。

こう言っては失礼ですが、私の年代でも日本人に触られるより、外国人に体を触られる方が抵抗があるので、昔の人はもっと抵抗があるのに、体を委ねて介護してもらうことができるのだろうか。
それとも認知症などであまりわからない人を介護しているのだろうか、などと考えたのですが、そんな心配は無用でした。
外国人のスタッフの方が、知識や技術を覚えて自分の国に持って帰ろうとするからか、一生懸命で優しいので人気があるそうです。
ちゃんと人を見ているんですね。
まあ、最初は抵抗があるかもしれませんが、トイレやお風呂の介助などは男でも女でも、日本人でも最初は抵抗があるでしょうが、だんだんなんとも思わなくなるといいますから、それと同じかもしれませんね。
介護の仕事は必要な仕事ですが、そんなに人気があるとも言えないのが現実だと思いますが、異国の地で介護の仕事ができる人は本当に優しいんだなと思いました。私にはできないと思います。
外国の方に支えられて助かっていると思いますが、ちゃんと自分の国で介護ができるようにもしていかなくてはいけないんだなと思います。

人気デリヘル
埼玉に登場した人気デリヘル
埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイトです。最新デリヘル風俗情報をリアルタイムにお届け。
www.sai-deli.jp/

»