不倫の彼と寄りを戻した後にまた不倫

とんでもない修羅場になった彼との縁は偶然で、恋人になるつもりなど全くなかった相手でした。
友達に頼まれて会ったのが最初で、1度だけ食事をお付き合いしたら2度と会うつもりはなかったのです。

なぜなら、彼は妻帯者だと知っていたからです。

恋愛にも特に興味がなかったし、結婚する気もまだありませんでした。
当然、不倫の恋に憧れることもなかったし、そんな面倒な恋愛などする気もありませんでした。
それがどういうわけかお互いに気が合ってしまい、すぐに恋愛関係になりました。

交際して3年が過ぎる頃、彼は若い女性から愛の告白をされたと嬉しそうに話し出しました。
そろそろマンネリを感じていた私は冷静に話を聞き、付き合ってみたらどうかと言いました。
私の言葉に素直に従ったわけではないようですが、彼はすぐに新しい恋人と交際を始めたようです。

しばらくして彼とは別れたのですが、その半年後、彼の打ちひしがれた声が電話から聞こえてきました。
心配して会いに行くと、年下の女性と結婚の約束をしてしまい、妻帯者であるという事実を言えなくなって困っていると言うのです。

信じられない話に激怒した私は店の中にもかかわらず、彼を怒鳴りつけて店を出ました。

«