お見合いで置いてけぼり

私の大学時代の友人が、実家に帰って親が勧めるお見合いをしました。
友人も私もそうなのですが、お見合い話がくるのは人生でもほんのわずかな時期だけです。

「女の売り時」とでもいうのでしょうか?売れなくなったら、自力で婚活するしかないので、お見合いの話があるうちが花です。
友人のお見合い相手は、公務員をしながらもオーケストラの団員でもあります。

友人も学生時代にブラスバンド部にいたこともあり、音楽の話で気が合いそうだと思ったようです。
写真での見た目はともかく、とてもやさしそうな方です。

お見合い当日も相手の方の車でロケーションのいい場所をドライブし、人気のあるイタリアンレストランでランチをしました。

車の中でも会話ははずみ、友人もこれならもう一度会ってみてもいいかな?と思っていた矢先に事件は起こったのです。
突然、車が止まり、友人はその場に置き去りにされてしまいました。

本人も何がどうなったのかわからないまま、大通りでタクシーをひろうまでの道のりで、絶対に断ってやる!と固く誓ったそうです。
結果は、一歩先に相手から断られ、相当な落ち込みでした。

お見合いパーティに毎週通う先輩

私の会社の直接の先輩は、私より4歳年上の27歳です。
30歳までに結婚することを目標に、前向きに婚活中です。

先日、会社のみんなでランチを食べに行ったとき、先輩の財布が落ちて中身が道路に散乱しました。
慌ててみんなで拾ったのですが、お見合いパーティの会員証が数枚見つかり、その場にいた男性社員にからかわれていました。

何も悪いことをしている訳ではないのですが、面白半分にみんなひどいことを言っていました。
そして次の週末、私は偶然にも見てしまったのです。

先輩がドレッシーな装いで、お見合いパーティの会場らしきレストランに入る姿を目撃してしまいました。
それを見ていたのは私だけではなかったようで、月曜日に会社に行くと、先輩が男性社員にからかわれていました。

また先輩も素直な性格なので、お見合いパーティの成果をベラベラとしゃべってしまい、それが上司の耳に入り、またからかわれ、この繰り返しです。
今回はカメラが趣味という方とカップル成立したようなので、あたたかく見守りたいと思います。

でも、カメラが趣味って?ちょっと怖い気もします。

タングステンカーバイト

ちょっと変わった日記の内容を思い出しながら。

確かタングステンカーバイトというのは、タングステンとコバルトで構成される合金の名前です。
硬度が高いのが特徴で、製造業界では超硬と呼ばれています。

主に切削工具や金型に使用されています。
今日納品したのは地下鉄を通すためのトンネルを掘るドリルの先端につける刃先の部分。

硬い岩盤を掘らなければならないので、硬度の高い超硬が使われています。

自動車製造業界もお得意先です。
自動車の部品を作る際に使われる金型は、何千回、何万回と繰り返し使うので、磨耗の少ない超硬が重宝するというわけです。
金型が長く持てば持つほどコストを抑えられることになります。

ただし、硬度が高いので割れやすく、金型は重量もあるので単価も割高となります。
そのため納めた後の寿命が短いとクレームになりやすいので要注意です。

モザイク無し無修正アダルト
モザイク無し無修正アダルト
スマホでコッソリ、パソコン大画面で大興奮、どちらでも対応
dougahakkutsu.com/

«
»