切なさ0%の恋のエピソード

恋のエピソードというと、切なかったり、キュンとなったりするお話を連想してしまいますが、私の場合は完全に笑い話です。
たまたまその日は珍しく時間が空き、いつも忙しくて手つかずだった倉庫の在庫整理をする事に。

自主的にやっていたので、一人で黙々と作業をしていると後ろから誰かに声をかけられました。
突然だったのでおどろいて飛び上がってしまったようで、そのまま在庫のなだれに合い下敷きに。

声をかけた人が責任を感じてあわてて助けれくれました。
ふと気が付くと助けてくれたのはずっと片思いしていた会社の先輩。

あまりの恥ずかしさにもうダメだと思ったのですが、それをきっかけに急接近して、結局おつきあいすることになりました。
今でもあの時の話は二人の間では笑い話です。

今では仲良く、このお店を利用しています。

追記:男女関係が崩れた話など…

妻のワガママが酷く旦那がついに限界を迎えた

20代前半に数年付き合った彼女と結婚。
1児の子供に恵まれたが妻のワガママ、束縛が日増しにひどくなっていき旦那が別の女性と浮気。
その後2人は離婚した。

些細な喧嘩から彼からひざ蹴り。
彼女が鼻骨折し救急車

田舎から彼の住む都会に飛び出してきた彼女。
友達を作ることも苦手らしく彼氏しか頼れる人がいなかった。
フラストレーションが溜まり、内容のない喧嘩から暴力がはじまった。

«
»